vw クロニクル topビジュアル vwクロニクル インデックスへ トップページへ
let's play vws

1949 VW-HEBMULLER ホビダスショッピングでVWを探す

 リアに空冷のフラット4エンジンを搭載し、丈夫なプラットフォーム・シャシーをその骨格としていたVWビートルは戦時中のタイプ82がそうであったように、ボディを比較的自由なデザインにすることが可能であった。1949年にVW社社長のハインリッヒ・ノルトフが提唱したカブリオレ・プロジェクトも、VWのそのような利点を活かしたものだといえる。1949年3月に開催されたジュネーブ・オート・ショーで発売されたへブミューラー・カブリオレ。シャシーとエンジンについては、同時期のリムジーネ(エクスポート・モデル)と同様だが、ボディは主要パーツを流用しながらも完全なハンドメイドで、2シーターの美しいフォルムを特徴とするモデル。生産はジュネーブ・ショーから3ヵ月後にスターとしているが、その1ヵ月後の1949年7月23日に、へブミューラー社の塗装部門が火災に遭い、生産能力が著しく低下してしまったことは大きな痛手であった。後にカルマン社が生産を引き継いだものの、市場性を逸してしまっており、1953年2月で生産は中止になった。
 現在、VWへブミューラー・カブリオレの現存台数は、世界的なレジストレーションによると約100台だとされている。総生産台数の約7分の1が現存していることになる。
 
1949 VW-HEBMULLER
取材協力/HARFEE’S phone/092-962-5450
http://www.harfees.com/
photo/K.NAKAYAMA中山幸二
owner/S.KAWAZU

コーチビルダーのへブミューラー社のカタログデーターによると、ボディカラーは1、(レッド/アイボリー)2、(ブラック/アイボリー)3、(ブラック/タン)4、(ブラウン/イエロー)5、ブラウン系の2トーンなどというカラーが用意されていた。マッシュルームタイプのエア・クリーナーを持つエンジンは1131cc、25HP。エンジンの後方、ファイアー・ウォールに、ジャッキが備わっている。フロントフードを開けると、ガソリンタンクとスペア・ホイールが備わっている。