vw クロニクル topビジュアル vwクロニクル インデックスへ トップページへ
let's play vws
 
ラグ・トップ(Rug Top)
 
 1963年までのビートルの布製サンルーフをラグ・トップと呼んで、それ以降のスチール製サンルーフと区別している。1950年から設定されたラグ・トップはGolde社製で、四隅が角張っていて畳むと3ツ折りになった。1956年型からは畳んだときに2ツ折リになり、フロント・コーナーに丸みが付いて、それまでのキャンバス地製からビニール製に変更される。1956年5月からは四隅すべてに丸みが付き、以降1963年まで継続した。なお、純正品ではないが、一時期、後付のキャンバス・トップがあった。ちなみに、ラグとは床の一部だけを覆う敷物のことだ。
 
ラジオ・フライヤー(Radio Flyer)
 
 本来はアメリカの子供たちが庭などで使う四輪のオモチャ入れだが、スワップミートの広い会場を掘出し物を入れて歩くのに便利なことから、大人たちのオモチャ入れとしても利用されていて、そのためポモナカートなどとも呼ばれている。
 
ランニング・ボード(Running Board)
 
 ドア下で前後のフェンダーをつなぐように付いているステップのこと。スタンダード以外のランニング・ボードにはモールが付く。1952年までのスプリットには段付きのモール、1966年までは幅広でプレーンなモール、'67年からは細いモールに変更された。オプションでは、黒以外にもカラーのステップ・ラバーがあった。このカラー・ラバーは、リプロ品が今でも手に入手出来る。
 
リア・ラック(Rear Rack)
 
 オプション・パーツのひとつで、ビートルのエンジン・フードを利用して荷物を置けるラックのこと。セダン用とコンバーチブル(カブリオレ)用があり、特にコンバーチブルはルーフ・ラックが付かないので重宝がられている。リア・ラックとは別に、リアに自転車を固定できるラックもあった。
 
リダクション・ギヤ(Reduction gear)
 
 減速ギヤのことで、一般的にはファイナル・ギヤのことを指すが、VW界(?)ではアーリー・モデルの左右リア・ハブに付けられた減速ギヤ・ボックスのことを指す。ビートル(乗用車)のトランスミッションを貨物用に改造しないで、トルク・アップを図るために採用された。戦時中に作られたキューベル・ワーゲンからの流用。
 
リプレイスメント・パーツ(Replacement Parts)
 
 交換用ノーマル・パーツ全般のことを指す。そのなかで板金の必要なパーツを、リペア・パーツという。
 
リプロ(Repro)
 
 リプロダクションの略で、再生産品のこと。OMEとは異なり、VWとは関係のない第三者が製品化したパーツのこと。生産が完了した製品のリプロ品もあるから、ビートルに関しては余程のことがない限りパーツに困ることはない。以前は粗悪品の代名詞のように言われたリプロ品だが、最近は純正品フェチも納得のクォリティーを持つものもあるようだ。なお、リプロ品の対象範囲はVW純正品ばかりでなく、アクセサリー類や有名パーツ・メーカーの廃版商品にまで及んでいる。